fc2ブログ

黄蓮華升麻

DSCN1069.jpg
宮尾登美子さんの小説<天涯の花>に書かれたキレンゲショウマがひらきました 花の美しさもまた、ながい時間を生きつづけることに収斂していった機能の、とぎすまされた美しさなのかもしれません

直してみたら

DSCN1025.jpg
手ごろな値段の傘の壊れやすいところはほぼ決まっていて、曲がっていても傘としての機能には支障がないけれど、なんだか気になる
DSCN1027.jpg
直すための部品も手ごろな値段で手に入るのでまっすぐすると、気持ちのほうもスッキリしました

受信不良

DSCN0561.jpg
テレビをつけるとBS放送が映らない、ヤレヤレどこか壊れたかとアンテナを確かめると
DSCF4537.jpg
     暑さを避けて、受信機の陰でのんびり休んでいます

家の壁のホタル

DSCN1015.jpg
          どこでどう間違えたのか、疲れて休んでいるのか、、、

畑から皿へ

DSCN1008.jpg
玄関に立っていた汗まみれのおんちゃんから、取れたてでキシキシと音がしそうなキャベツと茄子をもらったので
DSCN1011.jpg
うちの畑の大葉とネギを加えて<茄子のタタキ>をつくってもらいました。
DSCN1012.jpg
               冷蔵庫にはイカがありました。

逃げたトンボ

DSCN09980.jpg
窓を開けていたらトンボが入ってきて飛びまわるのでつかまえた
DSCN099900.jpg
写真を撮ろうとアジサイの上に置こうとしたら逃げてしまった なんで止まってくれると信頼してしまったのだろう

大渡ダム公園 2

DSC_2109.jpg
  全存在として抱かれいたるあかときのわれを天上の花と思わむ 道浦母都子
DSC_6568.jpg

おらがむら

DSCN0994.jpg
ぼくは暑くなると食欲が昂進するので<食欲の落ちる夏に京漬物、、、>というフレーズは大好物の漬物を注文するためのルーティーンでしかないのですが
DSCN0996.jpg
京都東山区今熊野の[ニシダや]の<おらがむら漬>を注文して、「包装紙から懐かしいっ!」と言う娘にも送りました。旨い!どこかへでかけるときには持ってゆきたい夏にかぎらず。

大渡ダム公園

DSC_6279.jpg
  あの夏の數かぎりなきそしてまたたった一つの表情をせよ 小野茂樹
DSC_2021.jpg

庭めくり

DSCN0977.jpg
庭のアジサイにきょうも来ている、近所のハマナガさんが飼っている<ハマナガミツコさん>
DSCN0987.jpg
          ヤマアジサイ
DSCN0990.jpg
          ヒペリカム

カワウソカツオ

DSCN0975.jpg
娘から誕生日のメッセージカードが送られてきました。カワウソに抱えられたカツオと、カツオを抱えたカワウソが同封されていました(カツオは取り外し可能)。カッツオなら何でも喜ぶ父は狙いどおりニンマリしています。

ゆたかな日々

DSCN0953.jpg
雨が降るまえにと、みなさんジャガイモの収穫にいそがしそうです。ジャガイモだけでなく
DSCN0956.jpg
とれたてのキャベツまでいただいて、毎日ゆたかさを実感しています。
DSCN0959.jpg
今日もきれいに分けられたジャガイモやダイコンをとどけてくれました。

ラッキョウ畑

DSCN0513.jpg
<借りている>といってもタダで使わせてもらっている畑には、家から離れたところにあるので、手間のかからないラッキョウを主に育てています。
DSCN0514.jpg
2年3年と育てるほど大きなラッキョウになるらしいのですが、せっかちなのでほぼ1年目には収穫しています。
DSCN0935.jpg
切って洗って薄皮をむいてと、漬ける前の手間を経験すると、売られているものが高いのにも納得できます。

ゆきのした

P1020762.jpg
     すずしくて居心地のいい場所をよく知っています
P1020761.jpg

三島由紀夫

ながく生きていると、さも大事なことであるかのように、記憶の水底から眠っていた泡がゆらゆらと浮かんでくることがある。おおかたが破れてしまえばそうたいしたことではないのだけれど、事件が起こったのがちょうど多感なときであったのと、<潮騒>しか読んだことがなかった<三島由紀夫>というひとの強烈な死に方が相まってつくられた泡がはじけて、急に読みたくなって本を買った。
_DSC3799.jpg
あれから52年が過ぎようとしている。当時はさまざまな立場の、いろんな思想を持ったひと、思想などもちあわせていないだろうと思えるひとまで、さまざまなことを語り、書いたのだけれど、そのなかで死を悼みつつ書かれたヘンリー・ミラーの言葉は
<かつて大衆の意識変革に成功した人はひとりもいない。アレキサンドロス大王も、ナポレオンも、仏陀も、イエスも、ソクラテスも、マルキオンも、その他ぼくの知るかぎりだれひとりとして、それには成功しなかった。人類の大多数は惰眠を貪っている。あらゆる歴史を通じて眠ってきたし、おそらく原子爆弾が人類を全滅させるときにもまだ眠ったままだろう。(中略)彼らを目ざめさせることはできない。大衆にむかって、知的に、平和的に、美しく生きよと命じても、無駄に終わるだけだ>
そんなことはじゅうぶんわかっていての行動だったと思えばよけいに忘れがたい。定価1200円がオークションで300円でした。

収穫の日

P1020756.jpg
新緑が眼にすずしい果樹園で小梅につづいて中くらいの梅を収穫しています。
_DSC3801.jpg
          梅干しがたくさんできそうです。
20220601_172330.jpg
     別枝本村の良心市に放し飼いの鶏のたまごがありました。

季節はいつも

DSCN0900.jpg
     庭のアジサイがつつましく
DSCN0899.jpg
     しかし濡れてあざやかにひらいて
DSCN0894.jpg
   季節はいつか 花に気づかされながら移りかわってゆきます

あらかじめ、言い訳、とりあえず

_DSC3755.jpg
     チェーンソーのキャブレターの部品が届いたので
_DSC3761.jpg
     ダイアフラムとパッキンを替えて
_DSC3763.jpg
組み立てました。高校は機械科でしたが、体操部と文芸部を掛け持ちして、鉄棒にぶら下がったり部室で送られてくる同人誌を読みふけっていて、原動機の授業には熱心なほうではありませんでした、こんなちっちゃなエンジンがかからない言い訳にはなりませんが、、、。
DSCN0863.jpg
いい機会だから洗浄スプレーを買ってきて掃除をしました。点火プラグへ送る電気をつくるイグニッションコイル。
DSCN0864.jpg
     エンジン回転をチェーンに伝える遠心クラッチです。

背なで泣いてる

ha20220501_122132.jpg
          雨恋ふカエルどこへゆく 背なで泣いてる源平小菊

血液検査

20220507_125921.jpg
2006年に腸間膜の悪性リンパ腫が見つかって、経過観察のあと一回目の抗がん剤治療が2012年のことでした。一回2~3週間の入院をして半年間に六回の治療を受けますが、治療中も食欲がおとろえることはなくて、退院して帰る途中で回転寿司に寄ったり、スーパーで思いつくままに肉や魚をたっぷり買って帰るものだから、治療のたびに体重が増えました。
20220507_122856.jpg
きょうも血液検査の結果を聞いた帰りに回転寿司のボックス席にすわってお気に入りのネタを注文しています。
_DSC3766.jpg
ずっと三ヶ月ごとに造影剤CTと血液検査を交互に受けてきましたが、次回のCTは半年後でいいそうです。

土佐久礼港

DSC_2004.jpg
近ければ毎週でも来ますよ、海をながめるのが何かの薬になっているのでしょう。
DSC_1993.jpg
通っていた高校が海の近くで、つまらない授業をクラスの半分がボイコットして浜で海をながめていたら、投げ釣りをしていた教師がしばらくつきあってくれたあと「お前らそろそろ帰れ」 まあそんな時もあるだろうと許されました。海がひとを皆鷹揚にしてくれるのならいいのだけれど。
_DSC3745.jpg
     好物の<久礼天>を買いだめしたあと
_DSC3746.jpg
     <おすすめセット>のバーベキューではなく
_DSC3747.jpg
     いやいや、なかなかの
_DSC3748.jpg
          これでもなく
_DSC3750.jpg
     かといってこういったものでもなく
_DSC3751.jpg
うどんメインの、カツオのづけ丼、刺身付きのお得セット!
DSCN0842.jpg
     とれたて🍓を箱買いして
DSCN0845.jpg
安和で、訳アリでも得しちゃったのビワを見つけて帰りました。

食べネタ

DSCN0833.jpg
直接買いに行っていたのですが、コロナということもあり、南国市の<農園けんぴ>さんにネットで注文していたスイートコーンが届きました!ケンピを売っていそうな名前ですが、<健>という生産者さんのあだ名が<けんぴ>なのだそうです。
DSCN0838.jpg
               なまら<旨い!!>
DSCN0835.jpg
いつも俄かに思いついて「、、、を食べたい!」というのですが、のりちゃんがたいていのものはつくってくれます。「あん餅を食べたいっ」
DSCN0837.jpg
不揃いですが、毎日いくつか石垣イチゴが食べごろに熟れています。

梅をもぐ

_DSC3742.jpg
もともとあった柿や栗に加えて、思いつきでビワやら梅やら植えて、おまけに桜やハナモモまで移植したものだから、広かった果樹園がジャングルのようになっています。
_DSC3740.jpg
去年収穫するのが遅れて実が落ちてしまったので、小梅をもぎにやってきました。
_DSC3743.jpg
          今年は3キロ収穫することができました。
_DSC3744.jpg
ミョウガの茎が草に隠れてたくさん生えていたので、味噌をつけてたべると旨いので間引きしてきました。

森へ

_DSC3719.jpg
     森のなかへ 座り心地のいい椅子を持ち込んで
_DSC3720.jpg
立ちのぼる森 そよぐ森を嗅ぎながら ただ座るだけというのもいいなと思うのは
_DSC3723.jpg
もともとそうであったのか おとろえたゆえなのか 

どうにも具合がよくない 1

DSCN0478.jpg
枯れて納骨堂に倒れかかったヤマザクラの大きな枝の処分と、育ちすぎたアカカナメの生け垣を切り揃えたぐらいしか使ったことがなくて
DSCN0479.jpg
その後は出番がなくて放っていたのですが、エンジンがかからなくなったチェーンソーが身近にあるというのは、どうも落ち着かないので
DSCN0487.jpg
     とりあえず原因を知りたいので分解してみることにしました
DSCN0501.jpg
かぶらそうとしてもプラグが濡れないのでキャブレターを外して
DSCN0806.jpg
     きれいに掃除してから分解すると
DSCN0811.jpg
燃料を吸いあげるダイアフラムが弱っているようにも見えます
DSCN0817.jpg
確証はないけれどせっかくだから替えられるものは替えてみます

プロフィール

hiroshi yamamoto

Author:hiroshi yamamoto
きょうもテクテク外が好き


※このブログはリンクフリーです※    
  
※掲載写真、文章の無断使用は
       お断りしています※

カウンター

カレンダー

06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

フリーエリア

こちらで写真を販売しています
写真素材のピクスタ

リンク

月別アーカイブ

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

Tip Comment

  • 07/04:宮ちゃん

  • 06/19:hiroshi yamamoto

  • 06/19:宮ちゃん

  • 04/19:hiroshi yamamoto

  • 04/19:darkgrain

  • 03/25:hiroshi yamamoto

  • 03/25:宮ちゃん