FC2ブログ

仁淀川町マスク

DSCN6374.jpg
アベノマスクが届く前に、仁淀川町から不織布マスクが50枚送られてきた。普通に<えらいっ!>と思う。
DSCN6375.jpg
アベノマスクも不織布マスクも、ウイルスの侵入を防ぐ効果についてはほとんどないといわれるけれど、<よくやった>と思われるかどうかには雲泥の差がある。どうやら安倍総理は責任は感じるもので遂行するものとは思っていないらしい。そのことは素質なのだから変わりようがないのだろうが、何をどうしたいのかさっぱり伝わらない。

果樹園へ

DSCN6334.jpg
そろそろ小梅をもがなければ落ちてしまうので、久万高原町へでかけました。
DSCN6337.jpg
もとの持ち主の施肥が良かったのか、たまたま植えた場所になじんだのか、1メートルほどの苗木だったカエデが大きくなりすぎたので何年かに一度は枝を切り落としています。
DSCN6331.jpg
子供の頃は木登りが好きで実のなる木の上で過ごすこともよくありましたが、いまや登っているのやらしがみついているのやらわからなくなっています。
DSCN6372.jpg
目当ての小梅は3、5キロでした。去年は良く採れたので裏年なのでしょうか。
DSCN6339.jpg
娘がすすめる鴨部の<肉のなかおか>で買ってきた豚肉でトンカツです。
DSCN6341.jpg
衣はカラッと揚がって肉はジューシー、いと旨し!

安和のびわ

DSC_1396.jpg
もう出ているかもと安和に向かうと、たくさんのビワがならんでいました。娘の好物なので大きいのをひと箱送って、ひとパック買いました。
DSC_1401.jpg
     夏立つや沖に午睡の貨物船

潮干狩り

DSC_1380.jpg
浦ノ内を通りかかると道端にたくさんの車が止められているので、面白そうだとのぞいてみると沢山の人が貝を掘っているようです。
DSC_1387.jpg
書物に潮干狩りの様子が出て来るのは平安時代、庶民の行楽のひとつになったのは江戸時代のことだそうです。
DSC_1389.jpg
「採れますか?」「アサリは採れんねえ、みんなも似たようなもんやろう」これから帰ってカキを食べる支度をするそうです。

五匹の子持ち

DSC_1331.jpg
     「お~~いっ、こっち向いて、こっち」
DSC_1337.jpg
          「いやがらせか、それ」
DSC_1340.jpg
ようやくこっちを向いてくれた美人さんは小柄だけれど五匹のお母さん、強い眼になっています。

宇佐の海

DSC_1240.jpg
地球という星の歴史は、水と岩石のせめぎ合いの歴史に他ならないように思えます。
DSC_1255.jpg
海が持つ巨大な鼓動と、たっぷりな血流が眠気を誘う昼です。
DSC_1216.jpg
波をたたきながら沖へ向かう船
DSC_1225.jpg
風をつくりながら港へ帰る船を眺めるだけで
DSC_1279.jpg
ありふれた時間を贅沢に過ごしています。
DSC_1288.jpg
DSC_1284.jpg
コンビニ弁当のそばをほぐしながら食べていると、スズキのバンバン(250ccのバイク)に乗ってやってきたじいちゃんが近づいてきて「バイクに乗ってでかけると女房が心配するのよ」83歳だというのでそれはそうだろうと聞いていると、心配なのは事故ではなくコロナを持って帰られることなんだそう、年を取るといろんなものが程よく枯れてくるらしい。「野球をやっていたけれど、脊椎にできた腫瘍を取ったあとやめて、いまは水泳だけ、、、」まあそれぐらいでなければ83でバンバンに乗って走りまわるなんてできないだろうと納得しましたが、たばこをふかしながらじいちゃんの話は尽きず全く無防備、折も折なかなかリスキーな時間です。

猫の額にキュウリ

DSCN6317.jpg
せまい畑なので作物は時季ごとにやり繰りしなければなりません。
DSCN6318.jpg
マメが終わった場所にはキュウリを植えました。

美瑛のアスパラ

DSCN6315.jpg
北海道に住むのりちゃんの友だちからアスパラが送られてきました。農家のかたは「土につくってもらった、自然が育ててくれた」とおっしゃるけれど、すこやかさを手に取り、旨さを口で確かめると、自然が半分、ひとが半分を担ってつくられたものだなあと実感します。

特定給金

DSC_1190.jpg
オンラインで手続きをしていた特別定額給付金が6日目に振り込まれましたが、早く届くということは結局早くなくなるということです。キーボードで<とくべつていがく>と打ったら、<特別低額>と表示されました。

必須ドラレコ取り付け

DSC01061.jpg
必須のアイテムになったドライブレコーダーを取り付けます。
DSCN6271.jpg
どんどん取り外して、、、本体をバックミラーの近くに張り付けたあと
DSCN6287.jpg
配線を天井に隠しながらピラーに沿ってダッシュボードの裏へ降ろしました。
DSCN6286.jpg
常時電源を使うとバッテリーがあがるので、ヒューズボックスのCIG(シガー)から電源を取ります。
DSC01059.jpg
ヴィッツのヒューズはいちばん小さい低背ヒューズです。
DSC01069.jpg
検電テスターでプラス端子を選んで
DSCN6285.jpg
極性を間違えないように引き出して
DSCN6284.jpg
ドラレコのシガープラグを増設シガーソケットにつないだあと
DSCN6291.jpg
ヒューズボックスの近くにアースを取って、余った配線を固定しました。
DSCN6297.jpg
16GBのマイクロSDカードに2時間録画して、駐車後も15分ぐらい録画をつづけます。

食べたいねカレー

DSCN6270.jpg
          カットトマトとココナツミルク
DSCN6277.jpg
南インドのエビカレーのできあがり~~ぃ
DSCN6280.jpg
         ズンと旨し ( ´0`)✌

ヴィッツ

DSCN5958.jpg
ABSがこわれて、エアバッグがリコールの対象になっている新車登録から16年目のアベンシスを、3年落ちのヴィッツハイブリッドと交換するために高知市のディーラーへ持ってゆきました。
DCIM0003.jpg
帰りに仁淀川のそばでコンビニ弁当を食べようと考えていたのですが、急に気が変わって回転ずしの<一貫>に座って「アジとカンパチ、それとウナギをふた皿、それから、、、」
DCIM0004.jpg
開店してすぐということもあってか客はぼくらと、あとひと組だけです。
DSCN6263.jpg
ヴィッツハイブリッドは、帰りに本山まで寄り道をしてリッター34km走りました。
DSCN6266.jpg
ディーラーでもらったすがしいプレゼントが車内に甘く香っています。

村さんぽ

IMG_5800.jpg
     テレビを点ければそればかりやっているので
IMG_5804.jpg
     コロナウイルスのことは気になるし
IMG_5808.jpg
     注意をしなければとも思いますが
IMG_5814.jpg
     いちにちのほとんどの時間は
IMG_5819.jpg
     コロナウイルス以外のことを考えています
IMG_5830.jpg
     こんなことが起こると
IMG_5844.jpg
     過疎と不便はありがたいことだと思えます。

生と死のあいだに咲いている

IMG_5781.jpg
     それがなかったら
IMG_5768.jpg
     世界には生と死しかないのだから
IMG_5767.jpg
     生と死のあいだに
IMG_5684.jpg
     花があることで
IMG_5666.jpg
          人類は
IMG_5664.jpg
     ずいぶん救われてきて
IMG_5646.jpg
     救われていて
IMG_5643.jpg
     救われてゆくのだと思う
DSCN6204.jpg

森を歩く

DSCN6156.jpg
     五月の森のちからを借りて    
DSCN6172.jpg
    自粛お見舞い申し上げます
DSCN6173.jpg

DSCN6169.jpg
          ヤマシャクヤク(山芍薬)ボタン科
DSCN6190.jpg

DSCN6181.jpg
          イチリンソウ(一輪草)キンポウゲ科

とっとといただく

100000.jpg
特別定額給付金、相手が国だから気が変わるということはないでしょうがオンラインで手続きをしました。<いただく>ではなく<ちょっとだけもどしてもらう>というほうがしっくりきます。
DSCN6213.jpg
<券面事項入力補助用暗証番号>と<署名用電子証明書暗証番号>が必要ですが、去年更新していたのですぐに済みました。本人の口座に振り込むのに、なぜ通帳やカードのコピーを送らせるのかわからない。

よかった!

DSCN6150.jpg
ついやってしまう、ということはよくあることだし、なお且つ何度もくりかえすのですが、気になる蔓をクイッと曲げたら蕾をつけたままポキッ!やっちまったと悔しいのもいつもどおりだけれど、咲いてくれたら崩れた気持ちがどうにか畳めます。

バラの日々

IMG_5526.jpg
ひととバラの関係も
IMG_5521.jpg
ひととひととの関係がそうであるように
IMG_5518.jpg
誠実さと丹念さを欠かさない限りにおいて
IMG_5514.jpg
歴史の長さがそのつながりの強靭さを担保するようです。
IMG_5503.jpg

IMG_5499.jpg

IMG_5490.jpg

IMG_5437.jpg

IMG_5431.jpg

IMG_5414.jpg

花の朝

IMG_5450.jpg
新型コロナウイルスのせいで
IMG_5445.jpg
ひとはいま大変な思いをしていますが
IMG_5487.jpg
都会から遠く離れたところで暮らしていると
IMG_5478.jpg
季節の移ろいに身をゆだねて過ぎてゆく自然の
IMG_5466.jpg
基本の姿はなにひとつ変わってはいないようですから
IMG_5448.jpg
ひとだけが不自由へ脆弱へと変わりつつあるように思えます。

シャープマスク

IMG_0556.jpg
シャープのcocoro storeに会員登録して不織布マスクの抽選販売に応募したら、確率1%に当たりました。ぼくらはめったに人に会わないので、病院勤務の娘に直接送ってもらったら数日たって「マスクきたよ~」と、メールで写真がとどきました。

ひらめく食欲

DSCN6214.jpg
じわっとくる食欲というのはあまりなくて<ダッシュする>あるいは<点火される><ひらめく!>のように急にやってくることが多くて、「カレー食べたいねっ!」となった時にスパイスがありました。
DSCN6135.jpg
ドタバタと鶏肉を買ってきたら
DSCN6134.jpg
のりちゃんが混ぜ混ぜしはじめてしばらく待つと
DSCN6138.jpg
ハイッ!できあがり、あとはもう「旨いっ!」「旨っ!」と言いつつひと口、黙ってひと口、、、

見あげる空を

DSC_0742.jpg
     いい布団日和だと窓からながめたあと
DSC_0779.jpg
     ベランダに出て写真を撮っていると
DSC_0770.jpg
     いつもこの辺りを飛びまわるトンビが
DSC_0746.jpg
     西の山の上で旋回したあと近づいてきて
DSC_0749.jpg
     頭のうえを通り過ぎ
DSC_0750.jpg
     辺りを見おろしながら遠ざかります
DSC_0751.jpg
     ゆったりと羽ばたきをくりかえしながら

バラの日々

DSC_0724.jpg
春の去りぎわから
DSC_0715.jpg
夏のはじまりにかけてつづく
DSC_0727.jpg
バラの日々がめくられてゆきます。
DSC_0739.jpg

DSCN6123.jpg
さすがにそろそろ片づけなくてはと思い立ち、ストーブを分解して掃除をはじめました。

高山の春

DSCN6016.jpg
DSCN6022.jpg
DSCN6042.jpg
濡れた庭をながめたあと、この雨で山の様子も変わっているだろうと思いつつ出かけました。
DSCN6051.jpg
森はタイミンガサに覆われて雨後のすずしさが漂っています。
DSCN6046.jpg
          ヒトリシズカ(一人静)せんりょう科
DSCN6061.jpg
     ツクバネソウ(衝羽根草)ゆり科  まだ開ききっていません
DSCN6057.jpg
ヤマシャクヤク(山芍薬)ぼたん科  こちらは開花まであと一週間から10日ほどかかりそうです。

家めし

DSCN5998.jpg
自粛といっても、普段からおにぎりを持ってめったに人に会わない山奥や、名所ではない海沿いをウロウロしているので
DSCN5994.jpg
県外に出かけないということ以外、生活にはなんの変化もないのです。

プロフィール

hiroshi yamamoto

Author:hiroshi yamamoto
きょうもテクテク外が好き


※このブログはリンクフリーです※    
  
※掲載写真、文章の無断使用は
       お断りしています※

カウンター

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

フリーエリア

こちらで写真を販売しています
写真素材のピクスタ

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

Tip Comment

  • 06/05:hiroshi yamamoto

  • 06/05:natutubaki

  • 05/14:hiroshi yamamoto

  • 05/14:いもじいじ山陰

  • 05/03:hiroshi yamamoto

  • 05/03:宮ちゃん

  • 04/21:hiroshi yamamoto